北海道在住の30代会社員の男性が、仕事中に立ち寄ったコンビニの横の空き地に設置されたスチール製物置を利用した喫煙所を見て、「吸う気がなくなる」というとTwitterにツイートしたのが発端です。

 

投稿者は、喫煙者の隔離がここまで進んだのかと悲観したようです。

喫煙所

 

これが投稿者が撮った問題の喫煙所です。

これはスチール製の物置で1坪タイプのようですから、広さは畳1枚の広さではなく2畳分の広さがあります。

天井も物置ですからそんなに高いわけではありませんが、普通の人の頭が天井につくことはありません。

もちろん、もともと物置ですから、窓とか照明は付いていません。

 

私も喫煙者ですが、これを見て悲観することはないと思います。

店も、お金を出してまで物置を購入して喫煙所を作ってくれているのですから感謝するべきだと思います。

 

コンビニの方も出せる金額に限度があり、もし投稿者の男性は満足するような、窓も照明もあるような喫煙所を作るとなると100万円ではできません。

 

そんなことをコンビニに求めること自体がおかしいことです。

 

吸いたくなければ、別のところで吸えばいいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ネット上での反応は?

悪意としか感じないとか、喫煙者差別だと一部の賛同者はいるようですが、大部分の意見が投稿者に異を唱える意見が多かったようです。中には喫煙者をヘイトとする暴言も多く見られたようです。

一方的な加害者である喫煙者が被害者ぶるな

コンビニの入り口の灰皿の所に喫煙者がいる時点で別の店行くわ

吸う気なくなったら何よりじゃんw

まずは、喫煙所を作ってくれた事に感謝しろよ

屋根も壁もあるし、何が不満なのか?

 

あまりひどい内容のは紹介できませんが、ほとんどが投稿者の男性が間違っているという意見のようですね。

私も喫煙者ながらこちらの意見に賛成です。

 

喫煙者へ対するヘイト発言は頂けませんが、やはりタバコを吸わない人と吸う人がお互いに相手のことを考えて行動しないと、少数派の喫煙者は益々ヘイトの嵐にさらされる事になります。

投稿者本人は?

投稿者は、J-CASTの取材で次のように答えています。

喫煙場所を設ける以上、最低限の設備を求めることはいけないことなのでしょうか?

少なくとも煙草を販売していて場所を提供するのであればなおのことと思います

もうこの時点でこの投稿者には賛同できません。

後続けてまだ自分の主張をされていますが、これ以上この男性に意見したところで変わりそうもないので、この辺りで終わりにしたいと思います。

スポンサーリンク