大物フリーアナウンサーの古舘伊知郎さんが、かって番組収録中に女優kに舌打ちされマジ切れしたことがあり、女優kとは誰と話題になっていました。

 

大方の予想では、女優の加賀まりこさんと見る意見が多かったようですが、実際は烏丸せつこ(63)さんということが判明しました。

 

これは、6月3日に日本テレビ「行列のできる法律相談所」に出演した古舘伊知郎が明らかにしています。

 

烏丸せつこさんは、若い人たちにはあまり知られていないようなので、簡単インストールと古館伊知郎さんに舌打ちしてマジ切れさせた経緯を見てみたいと思います。

烏丸せつこのプロフィール

烏丸 せつこ
生年月日:1955年2月3日(63歳)
出生地:滋賀県大津市
身長:156cm
血液型:A型
職業:女優
活動期間:1979年 –
配偶者:あり
事務所:グランドスラム

烏丸せつこさんは1979年にクラリオンガールに選出されるとセミヌードを披露して、に本人離れしたプロポーションで当時のグラビア界を席巻してしまいました。

 

その後、女優としても五木寛之による『四季・奈津子』の主役・奈津子役で初主演しています。

この映画は、ファッション史研究家の川本恵子さんから次のように評価され大きな話題になりました。

裸が最高、ファッション不要。

肉体そのものが完璧で、それだけで圧倒的に存在感があるから、ファッションなんて必要ない。

あのヌード以上に魅力的な衣装なんてない

 

私生活においても大いに話題を提供し、1982年に当時所属していた事務所の社長と不倫の末に略奪婚をしますが、2001年に離婚しています。

 

さらに、2014年6月には2歳年下の大手レコード会社のディレクターとまたも不倫の末略奪婚するのなどお騒がせ女優のイメージも強いようです。

 

最近は、活動されていますがあまりテレビでは、見かけなくなったようです。

舌打ちして古舘伊知郎をマジ切れさせた経緯とは?

30年前のことですが、古舘伊知郎が司会を務めていた「おしゃれ30・30」に烏丸せつこさんが、映画の宣伝のために出演した時のことです。

 

古舘さんが緊張をほぐそうと「本当に緊張してますね」と声を掛けたところ、烏丸さんは「チェッ」と舌打ちし、「すいませんね」と挑発するような態度を示したそうです。

 

古舘さんが「申し訳ないんですけど、ふてくされてるように見えるんですけど」との問いかけにも「私、ふてくされてないですよ」と生意気な態度が変わらない烏丸さんだったようです。

 

その後も烏丸さんが「別に」を繰り返し、話をしてくれないことに、ついに古舘伊知郎さんがマジ切れして、「じゃあ何で来たんですか。来たからにはしゃべってください。トークショーですよ」と言ってしまったようです。

 

番組終了後は、古舘伊知郎さんは当時のスタッフにも「誰がキャスティングしたんだ!」とブチ切れ太ということです。

スポンサーリンク

古舘伊知郎が30年ぶりに烏丸せつこと和解

3日の「行列のできる法律相談所」に出演した古舘伊知郎さんは、烏丸せつこさんさんと30年ぶりに和解できたようです。

 

番組の中でVTRで出演した烏丸せつこさんが、30年前の映像を見て生意気だった自分を反省し、古舘さんに謝っていました。

「超生意気だね。生意気な目」

「ものすごい反省してます、古舘さんごめんなさい」

「映画の番宣で出たんだけど、本当に言葉が出てこなくて」

当時は、烏丸せつこさんも若いということもあり、突っ張っていたところもあったと思いますし、トーク番組で何を話していいのか戸惑った結果のようです。

 

これに対して、古舘さんも当時33歳で「今だったら黙って持久戦できるけど、未熟だったんだね」と反省をしていました。

 

当時のお互いが若く未熟であったことが衝突の原因があったようで、今ではなっかしい思い出になってしまったようです。

 

スポンサーリンク