女性専用車両乗り口

2月16日午前8時38分頃、東京メトロ・千代田線の国会議事堂前駅で女性専用車両に男性が数人乗り込み、注意されても下りなかったことが原因で電車が12分遅延したというトラブルがありました。

 

このトラブルにネットでは、女性専用車両の存在が「差別だ」と賛否を問う声や、乗車していた女性の「降りろコール」や女性専用車両に乗った男性への非難で、ちょっとした騒ぎになっているようです。

 

このようなトラブルは、よくある事だそうですが、なぜ男性たちは女性専用車両に乗り込んだのでしょうか?

 

私には、ちょっと理解できません。

 

男性が女性専用車両に乗り込んだ理由とは?

 

今回の男性たちは、ネットで女性専用車両に乗り込むんだのは、やはり男たちに何かの考えがあって女性専用車両に乗り込んだようです。

 

今回の男たちが、どのような目的で女性専用車両に乗ったのかは、まだ明らかになっていません。

 

ただ、以前裁判までになった事件では、女性専用車両にのった男性たちは、「女性専用車両は、差別で法の下の平等に違反している」というような主張をしたようです。

 

たぶん、今回トラブルを起こした男性たちも女性専用列車に男性が乗れないのは差別であるということを主張したかったのだと思います。

 

でも、今回の男性たちのように何でも自分たちの考えを主張するばかりで他人のことは考えない、私から見れば身勝手な人が増えているような気がします。

スポンサーリンク

女性専用車両に違法性は無い

 

東京地裁では「鉄道会社は、営業に関する自由な裁量権を有しており、女性専用車両の目的、時間帯などから、設置は正当だ」「健常な成人男性の乗客に格別の不利益を与えるものといえない」とし男たちの主張を退けています。

 

これは、当然のことだと納得できる判決だと思います。

 

他に、車両があるのにわざわざ女性専用車両に乗り込む必要性も感じられません。

 

それに世の中には、今回のトラブルとなったような管理者の裁量で独自に決めたルールはいくらでもあります。

 

例えは、コンビニのトイレでも「こちらのトイレは女性専用です。男性は使用できません。」というような張り紙を見たことがあります。(トイレの入り口が一つで男女の区別が無いお店の場合)

 

多分、この様なケースでも「本来トイレは、男性も使うもので、女性に限るというのは差別である」と主張するんでしょうね。

 

でも、そのようの女性専用車両とかトイレを作った管理者の意図を感じることができない、今回のような男たちは身勝手すぎると非難されても仕方が無いと思います。

 

女性専用車両ができた理由とは

 

女性専用車両を作った理由を東京メトロでは次のように説明しています。

 

「痴漢をはじめとする迷惑行為の抑止を図り、女性のお客さまのほか、小学生以下のお客さま、おからだの不自由なお客さまとその介護者の方に安心してご利用いただくため」

 

私には、もっともの理由だと思うのですが、中にはそれでは「男性専用車両」も作れと主張する人もいるようです。

 

しかし、その様な理屈は、私には屁理屈としか思えません。

 

まとめ

 

今回のトラブルのように、自分の主張が正しいと思い、短絡的に行動を起こすことは止めてもらいたいですね。

 

今回のトラブルで電車が遅延して、多くの人たちに迷惑を掛ける結果となっています。

 

他人に迷惑を掛けたことを、今回の男たちはどう思うのでしょうか?

 

そっちの方が違法性があると思います。

 

 

スポンサーリンク