文大統領

北朝鮮が平昌オリンピックで時間稼ぎ

 

北朝鮮は、平昌オリンピックに選手団を送り込み、韓国の文在寅大統領の呼びかけによる南北朝鮮の平和路線が一歩進んだ印象を受けるが、決してそうではありません。

 

北朝鮮の目的は、完成まであと少しのところまで来ている核爆弾を搭載できる大陸間弾道弾(ICBM)を完全に完成させるところにあります。

 

以前から文大統領の北朝鮮に対する政策には、韓国内外からも疑問視されていましたが、さらに人道的立場と言って北朝鮮に物資援助をするのではないかと心配の声も上がっています。

 

これは、北朝鮮に課せられた制裁決議を事実上破ることになります。

 

韓国の文大統領は、南北朝鮮の平和会議によって北朝鮮の核開発を止めさせることができると本当に思っているのでしょうか?

 

もし北朝鮮の核開発を止めさせることができると考えているのであれば、文大統領はお人好しが過ぎると言わざるを得ません。

スポンサーリンク

北朝鮮が安倍首相を批判

 

18日北朝鮮の「労働新聞」は、平昌オリンピックに開幕で韓国を訪れた安倍首相を非難しています。

 

論評は、9日の五輪開会式に出席した安倍首相とペンス米副大統領が、韓国・北朝鮮選手の合同入場行進時に起立して拍手しなかったことなどに言及し、「同族間の和解の雰囲気に冷や水を浴びせようとした。実に憎たらしい、招かれざる客」だと非難。安倍首相が五輪・パラリンピック閉幕後の米韓合同軍事演習の実施を求めていることにも触れ、「戦争の危機が高まることだけを渇望している」と主張した。

安倍首相が韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領との会談で、慰安婦問題を巡る日韓合意の履行を迫ったことに関し、「安倍(首相)は再び問題を持ち出し、『不可逆的(解決)』などと詭弁(きべん)を並べ立てた」とした。

読売新聞より引用

韓国と日・米の関係を壊そうとする狙いがあるようです。

現に、北朝鮮は平昌オリンピックに参加する条件に米韓合同演習の中止を条件に挙げたということです。

 

北朝鮮は、日米が主導した制裁決議の発動により、今まで以上のダメージを受けており、さらに米韓合同演習は、北朝鮮の脅威となるものです。

 

北朝鮮は、この平昌オリンピックを利用して韓国から援助物資を引き出し、脅威となっている米韓合同演習を中止させようと目論んでいることは間違いないと思います。

 

米韓合同演習が中止にならなくても時期を遅らすことができれば、核開発の完成までの時間を稼ぐことができます。

 

オリンピック終了の米・韓の動きに注目

 

平昌オリンピックで、北朝鮮と米国の衝突の危機が弱まったわけではありません。

 

むしろ、北朝鮮の核技術の完成をタイムリミットとする北朝鮮と米国の軍事衝突の危機が、確実に近づいています。

 

米国は、オリンピック終了後直ちに米韓合同演習を実施すると思いますが、韓国の文大統領はどのように対応するのでしょうか?

 

オリンピック終了後に注目です。

スポンサーリンク