金正恩委員長が白頭山に登頂

「白頭山詣」とは?

 

朝鮮中央放送が9日に伝えたところによると、北朝鮮金正恩委員長が、「白頭山詣」を行ったそうです。

 

白頭山というのは、金正恩委員長の父親の生誕地とされ、北朝鮮の革命の聖地とされている場所です。

 

金正恩委員長が、8日に白頭山に登頂したと伝えています。

 

「白頭山詣」で願掛けか?

 

これは、金正恩委員長が過去4回白頭山に登頂したことがあり、その都度重大事件が起きている。

 

そのため、今回の登頂に当たって、金正恩委員長が何か重大な事を行う事を誓ったのではないかと憶測が飛んでいる。

 

これは、日本人としては、神社仏閣を詣でて願掛けをする風習と同じで、理解できる事だと思います。

 

ただ問題なのは金正恩委員長が、いったい何を誓っているのかという事です。

 

伝えるところによるとICBM「火星15型」の発射実験で「核兵器」の完成を報告したとも伝えられています。

 

もし、本当に核兵器が完成しているとしたら、北朝鮮は今度どのような動きを見せるのでしょうか?

また、アメリカの対応も気になるところです。

スポンサーリンク

アメリカの反応は?

 

アメリカは「火星15型」に対して、大気圏再突入やミサイルの誘導技術において、まだ完成していないと考えているようです。

 

しかし、なかには既に北朝鮮はアメリカ本土を標的として重さ1トンの核爆弾を到着させることが出来ると考えている専門家もいます。

 

どちらにしてもアメリカと北朝鮮の緊張が、高まっている事に違いありません。

 

アメリカの武力行使はあるのか?

 

アメリカは、北朝鮮が核保有国であることを断じて許さないと云う立場を取っています。

 

アメリカがこの様な従来の立場をこれからも変えないとしたら、武力で北朝鮮を攻撃することになるのでは?と心配です。

 

今の北朝鮮は、軍事力ではとてもアメリカの敵ではありませんが、金正恩委員長もその事は百も承知していると思います。

 

しかし万一の場合、金正恩委員長は核兵器でアメリカに一矢を報いる事が出来ると思っているに違いないと思われます。

 

日本国民としては、アメリカと北朝鮮が武力衝突しないことを願うしかありません。

 

関連記事

⇒ 北朝鮮漂着船の船長ら3人逮捕
⇒ 北朝鮮船漂着漁師のはずが工作員か?
⇒ 北朝鮮のミサイル発射実験に対抗日本も?
⇒ 増える北朝鮮船漂着に怒り
⇒ 北朝鮮との戦争が秒読み段階へ 2017に起きるのか?
⇒ 北朝鮮漂着船の救助乗組員のその後
⇒ 北朝鮮にあらたなミサイル発射の兆候が
⇒ 北朝鮮との戦争の可能性はあるのか?
⇒ 北朝鮮がついに弾道ミサイル発射・速報
⇒ 北朝鮮船漂着が最近増えている理由は
⇒ 北朝鮮弾道ミサイル発射の最新速報
⇒ 北朝鮮の亡命兵士から寄生虫が見つかる
⇒ 北朝鮮から亡命した兵士の家族が心配
⇒ テロ支援国家に北朝鮮を再指定
⇒ 北朝鮮がミサイル発射実験を行わなかった
⇒ 北朝鮮のミサイル発射はいつなのか?
⇒ 北朝鮮ミサイル発射速報9月15日最新
⇒ 北朝鮮ミサイル発射速報
⇒ どう出る北朝鮮の今後の動き
⇒ 北朝鮮の核実験の目的とは?
⇒ 北朝鮮のミサイル発射をやめさせられるのか?
⇒ 北朝鮮のグアムミサイル発射計画が実行されたら、その時日本は?

スポンサーリンク