昨日、北朝鮮が大陸間弾道弾ミサイル(ICBM)の発射実験を行いました。

 

これは、国連安保理での追加的制裁決議後、初の弾道ミサイル発射実験になります。

 

北朝鮮は、経済的制裁を受けても、核開発や弾道ミサイルの発射実験を止めることは無いのかもしれません。

 

この、ミサイル発射実験に抗議し対策を練るため、日・米・韓は緊急の国連安保理の開催を要求しました。

 

この、国連安保理緊急会合で、ヘイリー米国連大使は、トランプ大統領が中国に対して北朝鮮への石油の供給を停止するように要求したと語っています。また、戦争に成れば、北朝鮮の体制は完全に破壊されると警告しています。

 

しかしながら、この事で北朝鮮が核やミサイルの開発を止めるのでしょうか?

 

多分止めることは無いでしょう。

 

その時は、戦争になる可能性は有ります。

対策が尽きたアメリカ

 

北朝鮮の、ある高官は「我々は、制裁に慣れている」と語っていますが、事実もうアメリカを打てる対策は、全て打ち尽くしたと云う感じがしています。

 

既に、アメリカの対北朝鮮への輸出入はゼロなのです。あとは、中国・ロシア頼みと云った手詰まりの状況です。

 

それにアメリが、北朝鮮へ圧力を掛けて解決しようとしてるのに対して、中国・ロシアは、あくまでも話し合いで解決する立場を取っています。

 

先日も中国は、北朝鮮に代表を送りましたが、金正恩氏とは面会できなかったと報道されました。

 

この様な、実現性の低い話し合いに固執しているようにも感じます。

 

決断を迫られるアメリカ

 

どうしても、核やミサイルの開発を北朝鮮が止めないとしたら、アメリカの取るべき道は、2つあります。

スポンサーリンク

1.北朝鮮を武力で叩く

 

この場合、韓国や日本が甚大な被害を受けることになり、トランプ大統領がいくら強気の発言をしていても、戦争を始めることは可能性は無いだろうと見る向きもあります。

 

2.北朝鮮の核保有を認める。

 

これが現実的な、解決方法ではないでしょうか。

 

北朝鮮が核を保有したからと言って、アメリカが直ぐに攻撃をされることではないのですから、一旦北朝鮮が核を保有することを認めたうえで、北朝鮮との対話を再開するというのも考えられない事ではありません。

 

中国やロシアは、内心ではそう思っていると思います。

 

いずれにしても、アメリカにとっては、決断の時期が迫っている事に間違いはありません。

 

 

関連記事

⇒ 北朝鮮金正恩委員長「白頭山詣」で願掛けか?
⇒ 北朝鮮漂着船の船長ら3人逮捕
⇒ 北朝鮮船漂着漁師のはずが工作員か?
⇒ 北朝鮮のミサイル発射実験に対抗日本も?
⇒ 増える北朝鮮船漂着に怒り
⇒ 北朝鮮との戦争が秒読み段階へ 2017に起きるのか?
⇒ 北朝鮮漂着船の救助乗組員のその後
⇒ 北朝鮮にあらたなミサイル発射の兆候が
⇒ 北朝鮮がついに弾道ミサイル発射・速報
⇒ 北朝鮮船漂着が最近増えている理由は
⇒ 北朝鮮弾道ミサイル発射の最新速報
⇒ 北朝鮮の亡命兵士から寄生虫が見つかる
⇒ 北朝鮮から亡命した兵士の家族が心配
⇒ テロ支援国家に北朝鮮を再指定
⇒ 北朝鮮がミサイル発射実験を行わなかった
⇒ 北朝鮮のミサイル発射はいつなのか?
⇒ 北朝鮮ミサイル発射速報9月15日最新
⇒ 北朝鮮ミサイル発射速報
⇒ どう出る北朝鮮の今後の動き
⇒ 北朝鮮の核実験の目的とは?
⇒ 北朝鮮のミサイル発射をやめさせられるのか?
⇒ 北朝鮮のグアムミサイル発射計画が実行されたら、その時日本は?

スポンサーリンク