今月に入り、北朝鮮船が相次いで漂流したり漂着したのが見つかっています。

 

中には、北朝鮮船の木片だけや転覆した状態で見つかり、乗組員は行方不明の場合も多いといいます。

 

11月23日には秋田県本荘市で、北朝鮮船が漂着し、幸い8人が保護され、

 

11月27日には秋田県男鹿市で、北朝鮮船が漂着し、8人の遺体が見つかっています。

 

11月に入って、この様な漂着が確認されているのは、15件だそうですが、昨年の11月の4件に比べて約4倍に増えています。

 

もちろん、これから増える可能性が高いと思えるのですが、北朝鮮船の漂着が増える原因は何なんでしょうか?

 

スポンサーリンク

北朝鮮船の漂着が増えた原因

 

北朝鮮船の漂着が増えた原因は、北朝鮮の外貨獲得にあると見られています。

 

どういう事かというと、北朝鮮は、近海の良い漁場を中国船に与えて、入漁料を取っているらしいのです。

 

その影響で、締め出された北朝鮮船は、遠くの日本近海まで漁のために遣って来るという事です。

 

金正恩体制は、外貨を獲得する一方で、北朝鮮船に過酷なノルマを課し海産物の供給量も増やすことを目論んでいると言われています。

 

これは、経済制裁の効果だと言えますが、北朝鮮船の漁民にとっては、死をも覚悟した漁になっているのではないかと思います。

 

私が心配なこと

 

心配なことがあるのですが、北朝鮮船の漁民に交じって北朝鮮の工作員がいるのではないかと言う事です。

 

まだ解決していない北朝鮮の拉致問題を起こした工作員も日本に船で潜入しています。

 

ですから、日本に漂着した漁船に工作員が乗船していても、不思議な事ではありません。

 

漂着船が、見つかる前に日本に潜入し、紛れ込んでしまった可能性もあります。

 

どの様な任務があるかは、分かりませんが、任務完了後は迎えに来た船で北朝鮮へ帰って行くという事が無いとは言い切れないと思います。

 

海上保安庁は、その様な事が起きないように、しっかりと監視を強化してもらいたいと思います。

 

関連記事

⇒ 北朝鮮金正恩委員長「白頭山詣」で願掛けか?
⇒ 北朝鮮漂着船の船長ら3人逮捕
⇒ 北朝鮮船漂着漁師のはずが工作員か?
⇒ 北朝鮮のミサイル発射実験に対抗日本も?
⇒ 増える北朝鮮船漂着に怒り
⇒ 北朝鮮との戦争が秒読み段階へ 2017に起きるのか?
⇒ 北朝鮮漂着船の救助乗組員のその後
⇒ 北朝鮮にあらたなミサイル発射の兆候が
⇒ 北朝鮮との戦争の可能性はあるのか?
⇒ 北朝鮮がついに弾道ミサイル発射・速報
⇒ 北朝鮮弾道ミサイル発射の最新速報
⇒ 北朝鮮の亡命兵士から寄生虫が見つかる
⇒ 北朝鮮から亡命した兵士の家族が心配
⇒ テロ支援国家に北朝鮮を再指定
⇒ 北朝鮮がミサイル発射実験を行わなかった
⇒ 北朝鮮のミサイル発射はいつなのか?
⇒ 北朝鮮ミサイル発射速報9月15日最新
⇒ 北朝鮮ミサイル発射速報
⇒ どう出る北朝鮮の今後の動き
⇒ 北朝鮮の核実験の目的とは?
⇒ 北朝鮮のミサイル発射をやめさせられるのか?
⇒ 北朝鮮のグアムミサイル発射計画が実行されたら、その時日本は?

 

スポンサーリンク