ユーチューブの迷惑動画について思う事

 

つい最近も、警察官の前に覚醒剤に似せたグラニュー糖の入ったビニール袋をわざと落とし、不審者と思った警察官に追いかけさせるという動画がユーチューブにアップされ世間のひんしゅくを買いました。

 

このようないたずらでは済まされない動画が、過去何回も話題になり、ニュースにも取り上げられています。

 

このような動画は、最近増えているような印象を受けます。

 

迷惑動画は、これからも増える!

 

冒頭のような迷惑動画は、もはや犯罪動画だと思いますが、これからも、こういった見ていて腹立たしく、怒りをおぼえるような動画は減る事は無く増え続けていくと思います。

 

これは、ユーチューブに投稿する人が増えている事やこのような事を真似する模倣犯も出てくると思うからです。

 

やはり、世の中には、自分本位の考えで再生回数を伸ばすためだけで、倫理観に乏しいユーチューバーもいますし、善悪の区別がつかないユーチューバーもいます。

 

それに、ユーチューブが与える影響は、現在非常に大きくなっています。

これは、子供達の将来なりたい職業にユーチューバーが上位にランクインしていることからも知ることが出来ます。

 

こういった子供たちに少なからず悪影響を与え、将来このような迷惑な動画を投稿することも十分考えられます。

 

スポンサーリンク

 

何らかの規制が必要

 

私は、ユーチューブを安心して楽しめるようにある程度の規制は必要だと思います。

 

 

もちろん、いたずらの域を超え犯罪になるものは当然に削除され、投稿者は罰せられる事になると思いますが、これ以外にも犯罪とまではいかなまでも個人を誹謗中傷している動画が数多く存在します。

 

 

これらも削除の対象にしてもらいたいと思います。

 

 

現在は、誰でも直ぐに動画の投稿が出来直ぐに公衆の目に晒す事が出来ます。

 

 

今回の動画も問題になってから動画を削除するようでは、遅すぎると思います。

 

 

現に冒頭のいたずら動画も削除されるまでに100万回以上再生されたそうです。

 

 

このような事が起きないように、投稿して直ぐに公開できるのでは無く、ユーチューブの運営会社が公開前にチェックし、問題があるものは公開させないという体制を作ってもらいたいと思います。

 

 

公開されている動画も常に監視する必要があると思います。

 

 

これは、技術的に可能だと思います。

 

 

運営会社はユーチューブにより多大な利益を受けているおり、動画をアップした個人の責任に止まらず、動画を投稿する場所を提供していることから、責任を逃れる事はできないと思います。

 

 

また、視聴者からも違反していると思われる動画に対して無記名で簡単に違反申告できるようなシステムを導入してもらいたいと思います。

 

 

現在は、直接の関係者であることを証明しないと削除申請に応じてくれないようです。

 

 

実際に動画を見て気分が悪くなったり、腹立たしくなる動画が多く存在します。削除してもらいたいと思っても削除してくれないのです。

 

 

こう言うと自由な表現を規制するのはおかしいと反論も出て来ると思います。

 

 

しかし、基本的人権を無視した誹謗中傷を目的とした動画は、世間一般に受け入れられる事はないと思います。

 

 

将来にわたり子供たちに夢を与えたり、私たちが安心して楽しめるユーチューブになってもらいたいと思います。

 

 

関連記事

⇒ ユーチューバー迷惑男、無罪を主張

スポンサーリンク