事件の経緯

ものまね芸人の清水アキラさんの三男清水良太郎容疑者(29)が覚せい剤取締法違反で11日に逮捕されました。

 

事の発端は、10日の午後1時40分ごろ、ラブホテルから30代女性から「男に薬物を飲まされた」と110番通報があったそうです。

 

それで、警察官が現場に駆け付け、車でホテルから出ようとしていた良太郎容疑者を同署に任意同行し、午後5時ごろ、所属事務所社長で兄の清水友人氏が同署で身柄を引き受け、いったん帰宅したそうです。

 

翌日、採取していた尿から陽性反応が出たため、警察が、自宅を訪れ清水良太郎容疑者を逮捕したようです。

 

では、この女性は何者なのか?

 

実は、この女性は、風俗店から派遣された女性という事が分かりました。

 

清水良太郎容疑者は、妻子もいるにもかかわらず、浮気をしていたことになり、また薬物を使った性的行為を強要した疑いも持たれています。

 

スポンサーリンク

清水良太郎容疑者に付いて思う事

清水良太郎容疑者が6月に出演したノンストップで賭博疑惑で語った「正直、こんなちょっとのことじゃないか、と。こんなんでこんなことになるなら、もうこの仕事辞めよう」と思った。

 

12日放送の「バイキング」の番組内でこのVTRを見た安藤優子キャスターは「ちょっとびっくりした。闇カジノに出入りしたことなんてちっちゃなことだって、そういう認識だとしたら、今回の逮捕も私は大いにあり得るだろうなと思った。謹慎したのも、イヤイヤ謹慎してたって聞こえちゃいます」と発言していた。

 

確かに、闇カジノに入る事は、「ちょっとのことじゃないか、と。こんなんでこんなことになる」という清水良太郎容疑者の発言からは、反省の様子は感じられません。認識が甘いと言われても仕方が無いと思います。

 

同じように、認識が甘いから、覚せい剤にも手を出したと言われても仕方がないと思います。

 

清水良太郎容疑者は、今度も、ちょっとした好奇心から覚せい剤に手を出したのでしょうか?

 

でも、覚せい剤の使用は、ちょっとしたことでは済まされない重大な犯罪です。

 

自分の生命だけではなく、他人の生命をも奪う可能性もあるのです。

 

清水良太郎容疑者には、自分のやったことを反省し、罪を償い、社会人として復帰されることを期待します。

スポンサーリンク