斉藤由貴さんのキス写真が流失し、不倫相手の医師もまた、斉藤由貴さんも不倫を認めてしまいました。

しばらくこの騒動は続きそうですね。

この不倫騒動で、私が感じたことがあるので書いてみることにしました。

不倫に対して、世間は悪い事であるというのが、普通だと思いますが、そもそも芸能人の不倫疑惑を報道する必要はあるのでしょうか?

まあ、斉藤由貴さんは名の売れた芸能人ですから、世間が注目することは分かります。

週刊誌が、不倫疑惑記事を掲載すれば、売り上げも当然伸びると思いますが、世間の一般人はそんなに芸能人の不倫に興味があるのでしょうか。

週刊誌にしても、不倫疑惑の記事を読んでいる読者も不倫という悪い事をこの世から無くそうと云う正義感に駆られて、斉藤由貴さんをやり玉に挙げているのではありません。

週刊誌は、ただ売り上げを伸ばすことを考えているだけです。

読者は、暇な時間で自分の好奇心を満たしているだけです。

まあ、娯楽の一つと考えても良いとかと思います。

もちろん、私は不倫が良い事だと言うつもりは有りませんが、芸能人と言ってもプライベートな部分もあるのですから、例え不倫が本当であっても、報道することではないと思います。

週刊誌が相も変わらず、芸能人のスクープとして不倫を追いかけるのは、世の中に「他人の不幸は、蜜の味」と云った自分にとっては、何の意味のない事であっても、喜んで見る読者たちがいるからです。

スポンサーリンク


これだけ、斉藤由貴さんの不倫が大きく騒がれた原因は、私は斉藤由貴さんの真面目な性格に原因があったのではないかと思います。

真面目な性格の人は、不倫はしないとツッコミが入ると思いますが、不倫でも愛情が絡んでいれば、理性で止められるものでもないと思います。

私が、斉藤由貴さんが真面目な性格だと思ったのは、最初不倫疑惑が持ち上がった時、丁寧に記者会見を行ったからです。

記者会見を開けば、斉藤由貴さんご自身が語っているように、子供たちの前で、不倫を認めることは出来なかった。と言うのは、理解できます。

その会見後、写真週刊誌から、キスシーンや相手の医師がパンティを被った写真が出て、不倫を認めざるを得ない状況になりました。

その結果、会見でのウソがばれてしまい余計に騒がれることになりました。

斉藤由貴さんは真面目過ぎました。

心にやまし事があれば、横着に構えて会見を開かずに黙秘を続けるべきだったと思います。

そうすれば、いずれ世間は、他の事に興味を移し、忘れ去ってしまうと思います。

現にそういった女優さんもいるのですから。

スポンサーリンク