北朝鮮が6回目の核実験を行う!

 

北朝鮮が9月3日に6回目の核実験を行いました。

 

今回の核実験は、ICBM(大陸間弾道弾ミサイル)に搭載する水爆弾であり、完全に成功したことを北朝鮮が発表しています。

 

気象庁よると、今回の爆発で起きた揺れはマグニチュード6.3に相当し、エネルギー量は、前回と比べて約10倍のエネルギー量であったという事です。

つまり、今回の爆発は過去最大規模の爆発になります。

 

この実験で北朝鮮への世界各国からの批判がなお一層強まっています。

 

今、北朝鮮への原油供給の中止等のより北朝鮮に打撃を与える追加的な経済制裁策が検討されています。

 

中国やロシアが追加的経済制裁については、消極的であることから実現できるかどうか分からない状況です。

 

北朝鮮の核実験により影響を受ける国民の生活

 

ICBM(大陸間弾道弾ミサイル)の開発、水爆の開発に掛かる費用は、莫大な金額が必要です。

 

また、今回の核実験で北朝鮮に対する経済制裁も当然強くなります。

 

この経済制裁で一番影響を受けるのは、北朝鮮の国民です。

公表されることは有りませんが、国民の生活は困窮し、餓死者の数も増えていると思われます。

 

当然、金正恩の現体制を批判する国民も増えてると思います。

 

今は、アメリカを敵視し核兵器を持つ事が自国の繁栄につながるんだということで、国民の不満をそらすことに成功しているようです。

 

しかし今までの歴史が物語るように、国民の生活が成り立たなくなれば国家の存在も成り立ちません。

 

将来的にはクーデターが起き、現体制の崩壊に繋がりかねない危険性も増大してと思います。

 

スポンサーリンク

 

北朝鮮が核実験をする目的とは?

 

では、なぜ北朝鮮は国民の生活を犠牲にしてまで核実験を行う目的は何なんでしょうか?

 

それは、金正恩体制の将来に亘る維持存続です。

 

金正恩氏が一番心配していることは、今他の国から攻撃を受けることだと思います。

 

金正恩氏は、今もしアメリカから攻撃を受ければ、アメリカに勝てるとは思っている訳ではなく、現体制の崩壊も意識していると思います。

 

今までの歴史の中で外国の武力行使により、その国の支配体制が崩壊したという事例はたくさんあります。

 

そうならないためには北朝鮮は、最強で最終兵器である核兵器を持つことだと考えています。

 

核兵器を持つ事は、軍事的に大変大きな抑止力となります。攻撃する方にも甚大被害が出る事が容易に予想出来るため攻撃出来なくなるからです。

 

ですから、金正恩氏は、核弾頭を搭載したICBM(大陸間弾道弾ミサイル)が、実用化できるまでは、交渉を行わないように色々な手を使い時間稼ぎをしている状況だと思います。

 

そして、時期が来たら核爆弾をチラつかせながら、交渉を有利に進めようとすると思います。

 

私が心配すること

 

もし、アメリカが北朝鮮を攻撃するには今しか無いと考えて先制攻撃をすることはないのでしょうか?

 

北朝鮮が完全に核弾頭を備えたICBMを軍用配備するまでには2年程掛かると言われています。

 

北朝鮮は、今までの経緯から完成するまでは、時間を引き延ばすだけで、アメリカと話し合いをする事はないと思います。

 

そうなるとこの可能性は捨て切れません。

 

特にトランプ大統領の今までの強気の発言を思うと心配になります。

 

何も私たち個人の力では、どうすることも出来ないことだけに、そうならないよう願うしかありません。

 

関連記事

⇒ 北朝鮮金正恩委員長「白頭山詣」で願掛けか?
⇒ 北朝鮮漂着船の船長ら3人逮捕
⇒ 北朝鮮船漂着漁師のはずが工作員か?
⇒ 北朝鮮のミサイル発射実験に対抗日本も?
⇒ 増える北朝鮮船漂着に怒り
⇒ 北朝鮮との戦争が秒読み段階へ 2017に起きるのか?
⇒ 北朝鮮漂着船の救助乗組員のその後
⇒ 北朝鮮にあらたなミサイル発射の兆候が
⇒ 北朝鮮との戦争の可能性はあるのか?
⇒ 北朝鮮がついに弾道ミサイル発射・速報
⇒ 北朝鮮船漂着が最近増えている理由は
⇒ 北朝鮮弾道ミサイル発射の最新速報
⇒ 北朝鮮の亡命兵士から寄生虫が見つかる
⇒ 北朝鮮から亡命した兵士の家族が心配
⇒ テロ支援国家に北朝鮮を再指定
⇒ 北朝鮮がミサイル発射実験を行わなかった
⇒ 北朝鮮のミサイル発射はいつなのか?
⇒ 北朝鮮ミサイル発射速報9月15日最新
⇒ 北朝鮮ミサイル発射速報
⇒ どう出る北朝鮮の今後の動き
⇒ 北朝鮮のミサイル発射をやめさせられるのか?
⇒ 北朝鮮のグアムミサイル発射計画が実行されたら、その時日本は?

スポンサーリンク