近日中に弾道ミサイル発射実験か?

9月の核実験以来、しばらくミサイル発射実験を行なっていない北朝鮮に新たなミサイル発射の兆候が見られる様です。

 

13日、北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)によると「既に幾度か米領グアム周辺の海域へのミサイル発射を含む自衛のための対抗措置を取ると警告してきた」「米国の軍事行動は、米国を炎で抑え付けなければならないとの我々の決意を固めさせ、最も強硬な対抗措置を取るための『引き金』に我々の手を近づけさせている」とミサイル発射実験の可能性を示唆しています。

 

14日には韓国紙、東亜日報が、「人工衛星の画像により北朝鮮の首都・平壌近郊および平安北道の格納庫から、発射装置に搭載された弾道ミサイルが移動されていることが分かった」と報じています。

 

その後の報道では、「5台前後の移動式発射台が同時に移動してるが、弾道ミサイルを立てる作業は、確認されていない。」という事ですが、これは、発射場所を特定されないためであるとされている。

 

これらのことから近日中に弾道ミサイル発射が行われるの可能性が高いとがします。

 

更に、複数の弾道ミサイルを発射する可能性もあり得ると思います。

スポンサーリンク

北朝鮮のミサイル発射は、具体的には何時?

 

17日には米韓合同軍事演習が始まりますが、北朝鮮は、米韓合同軍事演習にいつも猛反発しています。

私の予想では、17日の公算が高いような気がします。

 

ただ、この様な予想は当たって欲しくないですし、出来れば北朝鮮がロケット発射実験を止めてくれればと思うのですが、これは無理のようです。

 

今後も、北朝鮮の動向に注目して行きたいと思います。

 

関連記事

⇒ 北朝鮮金正恩委員長「白頭山詣」で願掛けか?
⇒ 北朝鮮漂着船の船長ら3人逮捕
⇒ 北朝鮮船漂着漁師のはずが工作員か?
⇒ 北朝鮮のミサイル発射実験に対抗日本も?
⇒ 増える北朝鮮船漂着に怒り
⇒ 北朝鮮との戦争が秒読み段階へ 2017に起きるのか?
⇒ 北朝鮮漂着船の救助乗組員のその後
⇒ 北朝鮮にあらたなミサイル発射の兆候が
⇒ 北朝鮮との戦争の可能性はあるのか?
⇒ 北朝鮮がついに弾道ミサイル発射・速報
⇒ 北朝鮮船漂着が最近増えている理由は
⇒ 北朝鮮弾道ミサイル発射の最新速報
⇒ 北朝鮮の亡命兵士から寄生虫が見つかる
⇒ 北朝鮮から亡命した兵士の家族が心配
⇒ テロ支援国家に北朝鮮を再指定
⇒ 北朝鮮がミサイル発射実験を行わなかった
⇒ 北朝鮮ミサイル発射速報9月15日最新
⇒ 北朝鮮ミサイル発射速報
⇒ どう出る北朝鮮の今後の動き
⇒ 北朝鮮の核実験の目的とは?
⇒ 北朝鮮のミサイル発射をやめさせられるのか?
⇒ 北朝鮮のグアムミサイル発射計画が実行されたら、その時日本は?

スポンサーリンク