不動産売却の流れ

不動産業者に査定を依頼する。

 

売り出し価格を決めるために自分の不動産がいくらぐらいするのか知る必要があります。
そのために不動産業者に査定を依頼します。

 

不動産業者を自分で探し査定を依頼する。

 

メリット

その不動産業者が自分に合っているのか、雰囲気が良いのか、活気があるのかなど肌で感じることが出来る。

 

やはり、貴重な不動産の売却を託すことになりますので、担当者と良い関係が築けるのかも重要です。

 

デメリット

複数の不動産業者に査定を依頼するためには、どうしても貴重な時間を費やす必要があります。

 

そんな時間は取れそうもないという人は、ネットで一括査定を依頼した方が賢明です。

 

直接自分で不動産業者に査定を依頼した場合に断りにくいと感じてしまう。
そんな人は、サクッとネットで一括査定を依頼した方がビジネスライクと割り切り易い。

 

不動産の売り出し価格を決める。

 

複数の不動産業者から出された査定価格から売り出し価格を決める必要があります。
査定価格が全て同じであるという事はまずありませんから、自分の納得できる金額で決めて下さい。

 

出て来た査定価格で一番高い査定金額を売り出し価格にしても良いと思います。

 

その時に考慮することは、実際に売れるまでに時間が掛かっても良いのか?
それとも早く売りたいのかによっても売り出し価格が変わって来ます。

 

早く売りたいのならお得と思わせるような売り出し価格が早く売れます。

 

売却を依頼する業者を決める。

 

何も一社に限定する必要はありません。
複数業者に売却を依頼しても何も問題は有りません。

 

媒介手数料も実際に売った業者に支払うだけですから、支払う金額が増えるという事は有りません。

 

不動産業者は、専任媒介契約を得るために「専任媒介の方が責任を持って売却が出来る」とか色々と説明すると思いますが、
私の経験から言うと複数の業者に売却を依頼して間口を広げて置いた方が早く売れると思います。

 

というのも、昔の状況と現在の状況は全く違っているからです。
昔は、不動産業者の知名度・経済力・営業力・交友関係などなどが売却に大きく関わっていたのですが、
現在は、購入者はほとんどはネットから物件を知り購入に至るケースがほとんどだからです。

 

そのため、ネットでの露出度を上げるため複数の不動産業者に売却を依頼した方が早く売れます。

 

価格を見直すこと

最初の売り出し価格で売却できれば問題は無いのですが、3か月程度を目安にしても売れない場合は価格を見直す必要があります。

 

もちろん、この金額でないと売らないと思うのも良いと思いますが、それはあなたの考え次第です。

 

早く売りたいのなら、価格を下げる事を検討してください。
マンションや一戸建の建物の価値は時が経つに従い価値が段々と落ちて来ますので少し価格を下げても早く売ることをお勧めします。

 

※価格が上昇する様な要因がある場合、たとえば新しい道路や駅が出来るなど利便性が良くなるとか
近くにショッピングセンターや総合病院が出来て住み易くなるとかで価格が上昇することもあります。
いずれにしても価格を変更する場合には不動産業者の考えを聞いた方が賢明です。

 

売買契約を結ぶ

 

買主が決まったらあとは、不動産業者が作成した契約書を確認してください。
分からないことが無いように十分に納得したうえで契約してください。

 

分からないままに契約することはトラブルの原因になります。

 

まとめ

 

簡単に不動産の売却の流れ(手順)を簡単に説明してみました。

 

私の経験から今までに売れなかった不動産というのは一般の不動産ではありませんでした。

 

不動産の売却というと心配される人もいるかと思いますが、手順を踏めば安全に売却できますので安心してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る